moge-check住宅ローン

モゲチェック・プラザ

モゲチェック・プラザ 【成功報酬型】住宅ローンコンサルティングサービス

モゲチェック・プラザ 【成功報酬型】住宅ローンコンサルティングサービス

 

ゼロ利率で加速!

 

住宅ローンの借り換え長所を瞬時に計算住宅ローンは懐具合に満たすレートが高いものの、

 

個別金融機構に折衝しても借り換えの長所は分からない。

 

ユーザーの立場に立って親身な話し合いに乗ってくれるフィンテック・サービスが評判を集めている。

 

住宅ローンの借り換えをアフターケア「モゲチェック」

 

「2020年までに全国で100ショップの出店を目指す。

 

上場を視野に入れている」――。

 

住宅ローンに特化し、フィンテックを応用した新サービスを供給するMFS

 

(東京都千代田区)中山田明代表は力強く語る。

 

2015年8月に第1弾として住宅ローンの借り換え長所が手軽に分かる

 

モバイルアプリ「モゲチェック」を出荷。

 

スマートフォンやPCから年齢、年収、クレジット残高など必須項目を入力すると、

 

MFSの住宅ローンのアドバイザーがその人のニーズに合った最適な住宅ローンを

 

全国140金融組織1200本以上の貸付金から借入額や利息タイプを分析、

 

最適な貸し出しを選定し、勧めてくれる。

 

厄介な借り換え申込み手順や償還技術も完済するまで助言してくれる。

 

目下、ユーザー数は1万5000人を突破した。

 

しかも10月末から、このサービスにチャットボットによる自動応答「モゲタロウ」を投下した。

 

ダウンロード時にユーザーが入力する住宅ローン情報と、「モゲタロウ」がヒアリングする、

 

ユーザーの年齢、住まう地域、年収、就業形態、勤続年月の5項目から信用力を決断し、

 

借り換え利息の判断基準を自動的に算出して提示する。

 

「モゲタロウ」が自動的に返答できないような個別、具体的な質問は、

 

同社の住宅ローンアドバイザーが応対する。

 

同社の住宅ローンのアドバイザーは全部が元銀行員などのプロだ。

 

2016年4月に、住宅ローン借り換えコンサルティングお店「モーゲージ・ネクスト」の1号店を

 

東京・京橋に開放した。

 

その実績は目覚ましい。

 

10月末で150件、蓄積契約プライスは35億円に達している。

 

背景には今回2月に導入されてマイナス利息により、住宅ローンの借り換えニーズが高い事がある。

 

1号店に続きショップ名もより理解いただけやすく「モゲチェック・プラザ」に改変し、

 

第2号店を11月に新宿に開放した。

 

背景には本年2月に導入されたマイナス利息によって、住宅ローンの借り換えニーズが

 

高まっている事がある。

 

同社によると住宅ローン借り換え市場は目下、残高186兆円、1200万件で、

 

新規決行は20兆円、100万件の巨大市場だという。

 

その借り換えのインパクトは大きく、利率を0.1%下げる事が可能、残高における利息節減は1兆8600億円、

 

新規遂行における利率節減は2000億円に達するという。

 

ユーザーの立場で貸付金を仲介するサービスがないMFS代表の中山田明氏は東大経済学部卒。

 

1999年、ベアスターンズ証券で日本初の住宅ローン証券化を担当、

 

2000年からは新生銀行で総額5000億円超の住宅ローンの証券化を主導、

 

その後、2011年、SBIモゲージ(現アルヒ)に入社し、2012年からCFOを歴任、

 

2014年10月からMFSの代表を務めるなど、一貫して住宅ローン産業に関わってきた。

 

その体験から中山田氏は住宅ローンの借り替えについて「ユーザーの立場で貸し出しを

 

仲介するサービスがない。

 

住宅ローンの分析に特化したファイナンスのエキスパートであり、かつ、自ら住宅ローンを直接用意しない

 

我々だからこそ、真にユーザーの立場に立った助言が可能な」という。

 

今後は、住宅ローン借り換えサービスの供給で集積された個人のクレジットに関連する

 

膨大なデータを基に、保険、財産運用などの方面への進出も計画している。

 

同社の外部株主にはグロービス・キャピタル・パートナーズ、電通国際情報サービス、

 

マネックスベンチャーズ、電通デジタル・ホールディングスがいる。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

 

目次

 

 

モゲチェック・プラザ

 モゲチェック・プラザ

 

「クレジットの再考は厄介」と思っている人向け、住宅ローン借り換え代理サービスとは?

 

定期的の必要ないなコストを減らす、懐具合の再検討。

 

相当収入が増大していかない中、決まった的に行う事が肝心になっている。

 

俗に、懐具合の再検討で成果があるのは、各種の保険料や養育費と言われているが、

 

住宅ローンを借金ている世帯であれば、驚いたことにいっても大きいのは住宅ローンの借り換えだろう。

 

事例によっては、貸付金の返金金を数百万円といったスケールで減らす事が可能なからだ。

 

直近では、2016年から日銀が実施している「マイナス利率方針」によって、

 

過去最低水準の利率が続いている。

 

その結果、「住宅ローン活用者の6割が借り換えで100万円以上の支出削減成果が見込める」

 

(日本経済新聞)と言われている。

 

ただし、実のところに、借り替えを行う人はそれほど多くはない。

 

2017年3月に公表された「平成28年度 民間住宅ローンの実態に関連するチェック」

 

(国土交通省)によると、ここ数年、借り換えの件数および値段は減少を続けている。

 

何故だろうか? 

 

その実、住宅ローンの借り換えは、かなり骨が折れるな作業なのだ。

 

償還額を減らす事が可能な住宅ローンを探し出して、申請の申込み手順をし、査定に通ったら、

 

今度はすでに借りている貸し出しの取り止めの申込み手順をする……と、かなりの手間と時が不可欠になる。

 

一般的な場合で、貸付金の申込書には約150の入力項目があり、

 

集めなければならない書類は20近くに上る。

 

借り替え終了まで半年間は必要になるといわれており、特に多面的の住宅ローンを対比して、

 

その中から有利なものを探し出すのは、難易度が高い。

 

途中で、挫折してしまう人も少なくないのが現況である。

 

そうした中で注意を集めているのが、住宅ローンの話し合い窓口。

 

マイナス利息という金融環境をとらえたサービスとして伸びるが続いており、中には、

 

煩わしいな住宅ローンの借り換えを、専門家がすべて代理してくれるところもある。

 

2010年以前に借りているなら借り換え良いところは大きい 

 

一例を挙げればそのようなサービスのひとつが「モゲチェック・プラザ」。

 

NHKの『クローズアップ現代』で緊急記事された事もある、実際注意のサービスだ。

 

折衝を受けるアドバイザーは、全部が銀行で住宅ローンの実務を経験した事があるプロ。

 

独自の知識で、最優遇の利息を得られるように借り換え先の銀行と交渉するため、

 

個人で借り換えをするよりも有利な利率を引き出す事も可能なという良いところもある。

 

同サービスでは、個人が自力でやると半年は必要になる事もある住宅ローンの借り換えを、

 

パーフェクト代理で最短1か月という期間で完了する事が可能

 

(全くの時、話し合いをする人は1〜2回の打合せのみで終了する)。

 

話し合いは、土日祝日問わずできるで、来店せずに電話だけでの再検討も行える。

 

借り換えをした後のアフターバックアップも、クレジット完済まで月次レポートを送付してもらえ、

 

貸し出し利率の固定化やさらなる借り換えの瞬間を教えてくれる。

 

その上、同サービスの手数料は成功お金制となっている。

 

借り換えによって減らす事のできた返金額の10%(手数料の上限は税別50万円、下限は同25万円)

 

を借り換え後に後払いする仕組み。

 

成功見返り制のため、よしんば、住宅ローンの査定に通らず借り換えができなかった事例は、

 

全部手数料を支払う不可欠がない。

 

クレジットカード払いもOKで、自己元金ゼロでの借り換えが可能なのも大きなチャームポイントだろう。

 

目下、「モゲチェック・プラザ」は新宿・銀座・横浜の3お店がある。

 

今までの折衝件数は約2000件、平均削減額は約480万円となっている。

 

活用したユーザーからは「想定以上に楽だった」といった評価が全くで、

 

活用者得心度は94%に上っているという。

 

自身で行うよりも10分の1の手間しかかからず、電話でも申込み手順が完結するため、

 

特に、日中は慌しい人の方に好評だという。

 

政府・日銀のマイナス利率はどんどん続くわけではなく、現時点での住宅ローンの借り換えに

 

最適な瞬間を逃すのは賢明ではない。

 

2000?2010年に借金をした人、フラット35を借りている人、直近で利息が1%以上の人は、

 

借り換えで良いところが得られる確率が高い。

 

この要件にあてはまる人は多々あるはずだ。

 

この機会に、初めに、借り換えでどんだけ得をするのかがわかる「モゲチェック・プラザ」の

 

フリー所見を受けてみてください。

 

シミュレーター見立てはわずか数秒で結果がわかる。

 

さらに、ショップまたは電話でのフリー所見を受けるとアマゾンギフト券1000円分がもらえる

 

イベントも実施している。

 

この機会に一度住宅ローンを再検討てみては如何にだろうか?

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

MOGE CHECK PLAZA 次世代型住宅ローンサービス

 MOGE CHECK PLAZA 次世代型住宅ローンサービス

 

日本初!融資確率が分かる住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」

 

2015年8月に発表したた住宅ローンのマッチングサービスです。

 

わずか11項目のデータから全国140金融組織1200本の住宅ローンの融資確率を推定し、

 

査定に通る確率が高い貸付金の中から利率前提のいいものを選定する事が出来ます。

 

メディアの注意度も高く、NHK・日本経済新聞・読売新聞などの一流企業メディアに取り上げられています。

 

2016年日経トレンディ「生活を変える幕開け膨れ上がるアイテム大賞」マネー部門において大賞を受賞。

 

日本初!住宅ローンクレジットスコア「モゲスコア」

 

皆さんは目下自らがどれだけの住宅ローンを借りられるか、ご存知ですか?

 

もし、前もってにどんだけ住宅ローンが借りられるのかが分かれば、元金計画を立てて

 

よりパフォーマンス的に家探しができます。

 

それを実現するためにモゲスコアRは製作されました。

 

わずか10項目の入力で住宅ローンの借金できる額と適用利率の指標を理解できます。

 

住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」では、

 

住宅ローンのエキスパートが金融知識と技術を応用し、ベストな住宅ローンへの借り換えをご教授。

 

なお厄介な申込み手順までトータルバックアップいたします。

 

「マイナス利息」で住宅ローンの借り換え需要が高まっている実際、

 

メディアからも注意を集めているサービスです。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

モゲチェックプラザ 評判もご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 口コミもご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 横浜もご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 手数料もご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 銀座もご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 新宿もご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ クーポンもご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 店舗もご覧下さい。

 

モゲ チェック プラザ 会社 概要もご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ大手町もご覧下さい。

 

モゲチェックWEB-住宅ローン借り換えメリットシュミレーター

 モゲチェックWEB-住宅ローン借り換えメリットシュミレーター

 

リアルタイムで住宅ローンの借り換え助言書が取得できる!

 

モゲチェックWEB、本日リリース

 

プレスリリース公表元会社:株式会社MFS

 

ユーザーの属性に応じた借り換え構想を自動製作

 

フィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービスを用意する株式会社MFS

 

(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO 中山田 明、以下「MFS」)は、

 

住宅ローン借り換えアプリケーション「モゲチェック」に続く、Web上の借り換え分析サービス

 

「モゲチェックWEB」を2017年8月1日から開始します。

 

ユーザーは、アプリケーションをダウンロードする必須なく、「モゲチェックWEB」のWebページにアクセスして

 

目下ローン中の住宅ローンの情報を入力するだけで、借り換えなどにより

 

どれくらい返金額を省コスト化可能なかが造作なくに理解いただけます。

 

なお、現在まで住宅ローンコンサルティングお店「モゲチェック・プラザ」に来店したクライアント向けに

 

製造していた借り換え教授書を来店する事なくリアルタイムで手に入れるできます。

 

「モゲチェックWEB」のトレードマーク 

 

「モゲチェックWEB」で製造される借り換え助言書には、借り換え時に不可欠となる諸コストの明細や

 

財源計画とともに、必須元金を総て借り換え先貸付金に加えて借り換えた

 

事例の借り換え良い面額が表示されます。

 

さらに、ユーザーの属性に応じて借り換え先貸付金の利息水準が出し分類られているため、

 

金融機構の査定スタンダードを考慮したより現実的な借り換え良い面額を見定めする事ができます。

 

今後の展開 

 

MFSでは、今後「モゲチェックWEB」を使って、保険代理店やファイナンシャル・プランナーなど

 

いろいろな個人向けフィナンシャルサービスを供給する会社と協力し、

 

住宅ローンコンサルティングサービスの拡大を目指します。

 

さらに、「モゲチェックWEB」の借り換え長所分析性能の開発ツールを製作しており、

 

こちらも他会社のツールやWebサービスへの供給を積極的に進めていく予定です。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

MOGE CHECK PLAZA 住宅ローンの相談窓口

 MOGE CHECK PLAZA 住宅ローンの相談窓口

 

最安の住宅ローンを見つけ、償還総額が100万円以上安上がりになる「モゲチェック・プラザ」

 

結婚をして、世帯が可能なと思い描くのが持ち家ではないでしょうか。

 

賃貸派か持ち家派か分かれると考えます。

 

加えて、私の周囲では、持ち家を買おうかと熟慮している人が何人かいます。

 

地方の時は、移住する事が少ないので、家屋を持って安らぎたいという人が

 

多々あるのではないでしょうか。

 

実のところ、30代になると近いうちに、持ち家やマンションを購買しようか如何にかを

 

比較考量する人が増大してくると考えます。

 

おっしゃる通り月次家賃を払うのを心積もりたら、住宅ローンにあてたほうがいいですよね。

 

私もユースドマンションを購買しようか比較考量していますが、もちろん、

 

現金がない為、クレジットを設ける事になります。

 

多くのケース、居宅を一括で購買するようなお金はないでしょうから、俗には住宅ローンを

 

こしらえる事になります。

 

持ち家は一生でトップ高い買い付けと言われますし、かなり多額になります。

 

その為、マンションや家屋を購買する時は、何度も下見をして、周辺環境などを充分にと

 

参考にして、建物自体だけでなく、そのエリアが暮らしやすいか如何にかを

 

入念に参考にしておくといいでしょうね。

 

過去にマンションの不動産出資をしようと学習していた事がありますが、いい物件を見つけるのは、

 

その建物だけではなく、周辺環境の参考にも内蔵されます。

 

一例を挙げれば、ファミリー世帯であれば、近所に幼稚園、保育園、学校、病院、

 

スーパーなどがあるか如何にかを参考にします。

 

個人的には以前、住んでいた千葉の行徳は実際に暮らしやすかったです。

 

食べ物屋も多々あるし、保育園、学校も歩いて行ける距離にあったし、

 

スーパーなんて一キロ圏内に4件以上ありました。

 

少なくとも、何かがなくて困るという事はなかったですね。

 

地方に移住すると、家賃時価は確実に下がりますが、便宜性が反比例で悪くなっていきますね。

 

その為、建物と当てはめて周辺環境は充分にと前もって参考にしておく事が肝心です。

 

また、未来を心積もりた時に、自らの持ち物としてマンションや家屋を保有するのは

 

一つの心配無用につながるかもしれません。

 

年金支給開始年齢が75歳からになるかもという恐ろしい話もあり、

 

本業だけの収入では心もとないという方も増加している事と考えます。

 

私もそれがあって、本業だけではなく、副業もしていて、だいたい月収10万円ほどあります。

 

その為、実際では月次30万円近くの貯えが月次可能なようになりました。

 

未来の為にお金を貯めるのは相当大事です。

 

持ち家をショッピングする時や、不動産出資をする事例、多くの方は、不動産法人提携する貸付金で

 

設ける事が多々あるのですが、それよりも、前提のよい住宅ローンでピックアップする事が可能なサービスがあります。

 

それが「モゲチェック・プラザ」です。

 

全国120銀行からベストな住宅ローンを選択の余地があるモゲチェック・プラザ

 

「モゲチェック・プラザ」は不動産法人の提携貸付金より安価に住宅ローンを

 

チョイスする事の可能な住宅ローンコンサルティングサービスです。

 

住宅ローンのエキスパートが不動産法人の提携貸付金より総償還額の安いクレジットを解説します。

 

その上、利率だけでなく「繰上げ償還」「期間短縮返金」「団体信用生命保険」など

 

多彩なキーポイントを考慮し、全国120銀行、1000を超える構想の中から、最適な貸し出しを助言します。

 

さらに、ご契約まで骨が折れるな申込み手順をお任せ可能なのもポイントです。

 

MOGECHECKPLAZA住宅ローンの折衝窓口

 

専門家が全国120銀行からベストな貸し出しを選択。

 

不動産法人の提携貸付金より安上がりな住宅ローンがここにあります

 

提携貸付金申請後でも間に合います全国120銀行からベストな貸付金を選べます

 

最低水準の利息であるべき姿の居宅を安上がりにショッピングしましょう

 

折衝フリーフリー見立てをエントリーするお照会※2017年4月実施の来店者チェック結果(返答数108)

 

知らなきゃ損!最安の住宅ローンを見つける技術があります。

 

こんな風に思っていませんか?不動産法人の提携貸付金を選ばなければいけないんじゃないか…

 

不動産法人の解説した提携クレジットなら最高最適かもしれない…

 

やはり解説してもらったのだから断わると悪いし…そのような事はないのです!

 

住宅ローンは自由に選べますし、不動産法人の提携クレジットだからといって最安の住宅ローンとは限りません。

 

●総返金額はこれぐらい違う総返金額では約100万円削減!

 

マイナス利息の実際、最適な住宅ローンを選りすぐるチャンスです。

 

厄介な交渉・申込み手順は一通りお任せいただけるほか、不動産法人とのお打ち合わせにも立ち会わせていただきます。

 

全国120銀行からベストなクレジットを選べます最低水準の利率で目指す形の家屋を安上がりに調達しましょう!

 

モゲチェック・プラザならスピーディーに手間なく再考を実現できます。

 

●最低金額サポート弊社手数料を含めた助言貸付金と、不動産企業提携貸付金の総償還額を対比頂けます。

 

●助言クレジット手数料不動産法人提携クレジット総償還額が安い方をお選択しください。

 

不動産企業提携貸付金を選択される事例は手数料は全部頂きません。

 

●マンスリーレポート完済まで月次レポートをお送りし、借り換えチャンスや利率タイプ改変の時期を

 

何度でもお知らせします。

 

住宅ローンのエキスパートの忠告により、完済するまで最適な貸し出しを維持できます。

 

借り換えの申込み手順も代理します(別途出費)。

 

すでに不動産企業から提携貸付金の解説を受けていても間に合います!

 

●住宅ローン決断の機会マンションや戸建ての不動産売買契約を締結したとしても、

 

予算支出貸借契約が締結されていなければ、まだ対比見定めする事ができます。

 

持ち家を調達されるとき、多くの方は『自らはどんだけクレジットが借りられるだろう?』と

 

借りる事しか頭にないのです。

 

お願い額まで借りられれば如何なるクレジットでもいい!楽チンだったらそれがいい!

 

そう思われている方がそんなにです。

 

それ故、不動産企業が勧める提携貸付金にエントリー、再検討もせずに返し続けているのが現況です。

 

ですが、不動産企業の提携貸し出しがトップいいクレジットとは限りません。

 

住宅ローンは多額でかつ償還期間の長い買い付けです。

 

『どんだけ借りられる?』も重要ですが、『最終的にどんだけ利息を払うのか?』も肝心です。

 

こちらのサービスでは、金融組織出身のプロフェッショナルが、多彩な金融機構から顧客の最も有利になる

 

アイテムをご助言します。

 

第三者の目を持ったエキスパートの助言を受けて、どうか最適な住宅ローンを選択してで頂きたく考えます。

 

マイナス利息ご時世に最適のサービスとして数多くのメディアで取り上げられています

 

●メディア掲載

 

【全国紙】日本経済新聞産経新聞WallStreetJournal

 

【テレビ】NHK「ニュース7」NHK「クローズアップ現代」テレビ朝日「ANNニュース」テレビ東京「WBS」

 

テレビ東京「ゆうがたサテライト」BSJapan「モーニング添加」2016年5月16日

 

【商い誌】東洋経済プレジデント日経商いフォーブス日経トレンディWEDGEinfinity日本経済新聞朝刊

 

月刊オンラインマネー

 

●サービスの流れと顧客へのお約束

 

step1 
フリー所見

 

step2 
コンサルティングサービス

 

step3 
アフターフォロー

 

※2と3は有料サービスとなります。

 

有料サービスは、成功インセンティブ制で元金の1%、但し下限25万円(税別)です。

 

お入金頂くのは、住宅ローンの査定承認を得た後です。

 

ご契約時にお支払頂く必須はないのです。

 

他にも、不動産企業提携貸付金を選択される時は、手数料は全部頂きません。

 

初めて住宅ローンをこしらえるので懸念事項という方がお気楽にご折衝可能なよう「3つのお約束」をします。

 

クライアントにとって最も要件が良い貸し出しを選択します金融組織からの利益誘導は受けません

 

ユーザーにとって心配無用可能な成功お金ですご話し合いいただいたクライアントに損はさせません

 

完済まで充分にアフターケアします再考後も利率情報などのお知らせを継続します

 

過去話し合い件数約1000件、クライアント喜び度94.2%のデータがサービスクオリティを証明しています。

 

よくある質問

 

モゲチェックプラザはどこにあるのですか?

 

銀座、新宿、横浜にあります。

 

銀座と新宿は駅徒歩5分の事務所ビルに入っています。

 

横浜はそごう横浜店の9階にあります。

 

特定の銀行をすすめられたりしませんか?

 

モゲチェック・プラザはどの金融機構からも全部手数料を頂いておりません。

 

顧客から頂く手数料のみで運営を行う事で、真にクライアントの立場でサービスを用意しております。

 

金融組織に直接折衝するのと何が違うのですか?

 

銀行など金融機構へ直接話し合いするケース、当該金融組織が供給する

 

住宅ローンのみが対象となります。

 

一方で、モゲチェック・プラザでは全国120銀行1000本以上の住宅ローンの中から、

 

クライアントに最も有利な要件の住宅ローンをご助言します。

 

料金が成功支払制とはどのような事ですか?

 

最初に初めにフリー所見を行い、不動産企業の提携貸し出しと、モゲチェック・プラザ教授貸付金に

 

弊社手数料を上乗せしたものを総返金額で対比します。

 

弊社有料サービスをご契約後、モゲチェック・プラザ教授クレジットを遂行されるケースのみ手数料を頂きます。

 

不動産法人提携貸付金の方が要件が良く、そちらを選択される時は料金を頂きませんので、

 

心配無用してご契約いただけます。

 

運営企業はどのような法人?

 

株式会社MFSは、住宅ローンを必須とする一通りの人が最も有利な要件で借金、

 

借り換え可能なワールドワイドを実現します。

 

では、実のところにこちらのサービスを活用した場合がありますので解説します。

 

住宅ローンとオート貸し出しの借り換えを並行して行い、トータル210万円の良い面を実現

 

住宅ローン残高3100万円、移り変わり利息1.25%、償還期間30年とオートクレジット残高500万円、

 

移り変わり利率2.9%、返金期間7年の顧客が、住宅ローンとオートクレジットの借り換えを

 

併せて行った時についてご解説します。

 

折衝に来られた背景

 

インターネット等で情報収集を行い、ご自分でお借り換えを思い巡らすされましたが、

 

どの銀行が借り換え先としてベストなのか分からなくなり、ご来社。

 

ご教授中身

 

住宅ローンの借り換え話し合いの中で、500万円と大きな代金のオート貸付金の残高が

 

ある事が分かったため、それを含めた借り換え計画をご教授。

 

銀行交渉・結果

 

住宅ローンとオート貸し出しの2つの貸し出しを並行して借り換える形で融資交渉。

 

2つのクレジットとも利率を大きく引き下げ、借り換えの承認を得る。

 

結果、住宅ローン約180万円、オートクレジット約30万円の合算で約210万円の返金額の削減に成功。

 

【住宅ローン】

 

借換前借換後・利息1.25%0.625%・総返金額3720万円3540万円・月次返金額10.3万円9.8万円

 

※返金期間:30年、利息タイプ:変化 は修正なし      

 

**総償還額 180万円ダウン** 

 

【オートクレジット】

 

借換前借換後・利率2.9%1.7%・総償還額500万円470万円      

 

**総返金額 30万円ダウン**

 

ユーザーの声

 

住宅ローンだけでなく、オートクレジットの借り換えも併せてできたので助かりました。

 

自身ではベストな貸付金を選べなかったし、オート貸付金も併せての借り換えなど

 

可能と思っていなかったので、大変感謝しています。

 

担当者からのコメント

 

一般の方が、住宅ローンとオート貸付金の2つの貸し出し借り換えを合わせて

 

金融機構と交渉するのは大いに簡単ではないと考えます。

 

弊社は、色々な金融機構とのネットワークとモーゲージスペシャリストの金融知識をフルに応用して、

 

住宅ローンに限定しず、それ以外の借金も組み合わせたトータルソリューションをご供給しております。

 

金融組織によっては、出資用物件を保有で不動産による収入があったとしても、

 

「不動産収入は収入としてみなさない」もしくは「不動産収入の局所を加味する」など

 

住宅ローン借り換え査定の水準は色々です。

 

けれども、俗に金融組織が査定をする場合は、「不動産の収入が0(入居者無のステータス)で

 

月次の住宅ローン償還が残っている」という最悪の時で査定をします。

 

出資用物件の貸付金の入金が不動産収入を上回ってしまっている様子では、

 

マイナスとなってしまった代金を年収からは差し引かれて見られてしまう事がおおかたです。

 

更に、出資用物件でのローンも返金比率に算入しなければならない時もあります。

 

出資用物件の貸し出しがあるケース、各銀行がどんな感じで出資用物件の借金について

 

計算をするのかを熟知しているかが鍵となります。

 

モゲチェック・プラザは金融組織出身のプロフェッショナルが、実のところに取引のある多彩な

 

金融組織の住宅ローンアイテムの中から、顧客にとって最も有利になるアイテムをご教授します。

 

何とぞ一度ご話し合い下さい。

 

住宅ローンをちょっとでも安価に提携したいという方は、何とぞ、参考にしてみてください。

 

全国120銀行からベストな住宅ローンを選択できるモゲチェック・プラザ。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

オンライン住宅ローンマッチングサービス

 オンライン住宅ローンマッチングサービス

 

MFS金融組織の融資確率推定パフォーマンスと不動産情報を連動、

 

オンライン上て最適な住宅ローンか選へる住宅ローンプラットフォーム「モゲチェックPLUS」記者公表会を開催! 

 

2018年1月17日(水)、MFSは、トラストシティカンファレンス京橋において、

 

「モゲチェック」新働きと住宅ローンプラットフォーム「モゲチェックPLUS」について記者公表会を開催した。

 

記者公表会では、中山田明氏(MFS代表取締役社長)が登壇。

 

住宅ローンを最も有利な前提でローン可能な世の中の実現を目指し、2016年4月のサービス開始から1年9ヵ月で

 

住宅ローン取扱額累計で100億円を突破(2018/1/17時点)したとし、

 

今度、住宅ローン借り換えアプリケーション「モゲチェック」をリニューアルし、個人の信用スコアを分析して

 

金融機構の融資確率を推定する新パフォーマンスを解説。

 

加えて、ケイアイスター不動産と業務提携し、2018年7月を目途に、融資確率の推定働きと不動産情報を連動し、

 

オンライン上て最適な住宅ローンか選へる住宅ローンフ?ラットフォーム「モゲチェックPLUS」の

 

製作を目指す事を明らかにした。

 

公表会の中では、正藤清美氏

 

(じぶん銀行コンシューマーファイナンスユニットコンシューマーファイナンス営業部部長)が登壇。

 

じぶん銀行の住宅ローンが選ばれた所以(メリットがあるな利率、PC・iPhoneで完結、

 

がん50%サポート団信などの保障中身)やイベントについて解説した。

 

続いて、土屋陽一氏(ケイアイスター不動産)が登壇。

 

ITを駆使した新しい不動産サービスを生み出すべく、AI・IoT・AR/VR/MR・Cloudを応用した

 

来るべき社会型不動産業を確立していくとし、MFSとの業務提携と取組みへの抱負を語った。

 

全部のプログラムが終わり、フォトセッション、囲み取材が行われた。

 

中山田氏によると、今後の流行として、マーケティングからクロージングまでのオンライン完結するようになり、

 

提携貸し出しから本格的なオンライン住宅ローン媒介(ブローカレッジ)のご時世へとパラダイムシフトが起きるという。

 

より大きなプライスを、より低利で融資可能な金融組織を見つけると共に、個別金融機構の融資確率を算出する事で、

 

借り換えツールからオンライン住宅ローンマッチングサービスへとパワーアップする新モゲチェック。

 

MFSと不動産企業との連動を含め、今後の展開に注意やりたい。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザとは

モゲチェック・プラザとは

 

住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」住宅ローン取扱額が100億円を突破!

 

フィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービスを供給する株式会社MFS

 

(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO 中山田 明、以下「MFS」)が供給する

 

住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」は、住宅ローン取扱額

 

※が2016年4月1日の営業開始以来1年9ヵ月で100億円を突破しました。

 

※取扱額とはモゲチェック・プラザの有料サービスを使用して住宅ローンを新規にローンたもしくは

 

借り換えたユーザーの住宅ローン資金合計額です。

 

サービスが使用されている背景 

 

これまで、住宅ローンを選りすぐる場合は、不動産法人が斡旋する

 

貸付金を申請するかユーザー自分がクレジットを探して申請する手段しかないのでした。

 

しかしながら、この手法では最適な住宅ローンがひと工夫されない確率があるという問題点があります。

 

具体的には、不動産企業の斡旋する住宅ローンの種類が限定的で幅広く選べない、

 

住宅ローンの知識がないユーザーは不正確なオンライン上の情報で住宅ローンの

 

良し悪しを決断せざるを得ないなどです。

 

そうした中、2016年4月にサービス開始した住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」

 

は、フィーをユーザーから頂くサービスにも関わらず、一般支出者に徐々に受け入れられつつあります。

 

パーフェクトにユーザーの立場にたった住宅ローンの折衝窓口が実際まで誰にも話し合いできずに

 

困っていたユーザーニーズの受け皿になり、新しいサービス業態として認知が広がっていると言えます。

 

ご活用状況 モゲチェック・プラザの有料サービスを使用して新規借金もしくは借り換えしたユーザーは

 

2017年12月末で累計354名となり、住宅ローン取扱額は101億円となりました。

 

上半期(4月〜10月)の取扱額で対比すると前年度比316%と極めて高いランクアップ率です。

 

厄介な貸し出し選択しやエントリー申込み手順をお任せ可能な点が大変ご好評頂いています!

 

また、相談件数(無料サービスのみの利用者含む)は累計1,910件となりました。

 

ユーザーの評価 

 

サービス得心度質問(5段階評価による調査)を実施しており、最高の5をつけた活用者は全ての72%を占め、

 

平均は4.7です。

 

主なコメントは以下の通りです。

 

「かなり親身にご応対いただきました。

 

自らで仮査定など受けていた時と異なる点頼りになり心配無用できました。」 

 

「初回のヒアリングから借り換え完了まで、思いのほか早く済みました。

 

土日の扱ってができるな点、広く金融機構の対比ができ、絞り込みをエキスパートが担ってくれるという点が、

 

お願いする決め手となりました。

 

マイナス利息で節減望み!?

 

住宅ローン借り換えの見所とはマイナス利息の影響で最上その恩恵を受けている住宅ローン。

 

目下より高い利率で住宅ローンのローンを行っている人であれば、住宅ローンの借り換えを

 

比較考量してみるありがたみはありますが、厄介な申込み手順をして借換えたのに

 

むしろマイナスになってしまう時も少なくないだけに着目点を充分に押さえておきたいでところです。

 

一例を挙げればそのようなサービスのひとつが「モゲチェック・プラザ」。

 

NHKの『クローズアップ現代』で緊急記事された事もある、実際注意のサービスだ。

 

話し合いを受けるアドバイザーは、全部が銀行で住宅ローンの実務を経験した事があるエキスパート。

 

独自の技術で、最優遇の利息を得られるように借り換え先の銀行と交渉するため、

 

個人で借り換えをするよりも有利な利率を引き出す事も可能なという良いところもある。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

モゲチェックプラザ 評判

モゲチェックプラザ 評判

 

モゲチェック・プラザの良い面・使用の流れ・手数料・評判は?

 

住宅ローンコンサルティングサービス!総返金額の安いクレジットを解説!

 

モゲチェック・プラザは不動産法人の提携貸し出しより安価に住宅ローンを選定する事の可能な

 

住宅ローンコンサルティングサービスです。

 

住宅ローンの専門家が不動産企業の提携貸付金より

 

総返金額の安い貸付金を解説いたします。

 

利率だけでなく「繰上げ返金」「期間短縮返金」「団体信用生命保険」など色々な要点を考慮し、

 

全国120銀行、1000を超える計画の中から、最適なクレジットをご助言します。

 

その上、ご契約まで厄介な申込み手順をお任せ可能なのも特色です。

 

今現在住居買い物を進めている方、今後ショッピングを比較考量される方に推奨です。

 

モゲチェック・プラザの良い面

 

賢く持ち家を買い物やりたい方のために。

 

一生でナンバーワン高い購入である持ち家。

 

住宅ローンも賢く選択しましょう。

 

「不動産企業の助言する貸し出しは実際に最適なのだろうか?」「利息が上がったら如何にしよう?」

 

そのような方に、モゲチェック・プラザは2つのサービスを供給します。

 

国内最安移り変わり利息!

 

年0.41%〜のご助言一度の情報入力で全国700金融機構一括査定を行い、査定結果に基づき

 

最適なクレジットをご教授します。

 

移り変わり利率は国内最安利率2の0.41%〜0.575%の間でご助言。

 

●全国約700の金融機構に応対するサポート法人の査定を受けて頂きます。

 

ユーザーの情報は金融機構ではなく、当該バックアップ法人のみに用意されます。

 

●全国119銀行の変化利率を対象とした私ども質問結果(2018年8月1日実施)

 

35年心配無用アフターケア全国の金融組織のクレジット利率を月次分析。

 

本格的な利率上昇の前に固定利息への修正をご教授します。

 

35年心配無用バックアップで利息上昇危険性に準備しましょう。

 

元金3500万円で利息4%に上昇した時320万円もの利率決済を抑えられます。

 

モゲチェック・プラザはこんな方にベストチョイスです!

 

一度の査定で最もいい要件の貸付金を探したい?

 

借りた後も一段といい要件のクレジットがあるなら借り換えやりたい?

 

未来の利率上昇が懸念事項だ不動産企業からクレジット助言を受けていても弊社サービスは活用できます!

 

モゲチェック・プラザ サービスの流れ

 

全国700金融機構に一括査定申請お電話にて貸し出しに関連する

 

ご話し合いとユーザー情報をお伺いします。

 

その後、全国700金融組織一括査定※を行い、査定結果に基づき0.41%〜0.575%の住宅ローンをご教授します。

 

※全国約700の金融機構に扱ってするサポート企業の査定を受けて頂きます。

 

ユーザーの情報は金融機構ではなく、当該サポート企業のみに用意されます。

 

金融組織への申請代理どの貸付金を借りるか決めた後は、査定承認取得まで

 

弊社がユーザーの代わりに金融組織と交渉します。

 

35年心配無用バックアップ全国の金融機構の住宅ローン利率を月次分析。

 

本格的な利率上昇の前に固定利息への改変をご助言します。

 

モゲチェック・プラザ

 

手数料について手数料借入額の1%(税別)(下限25万円、上限50万円)

 

お借金の貸し出しからお決済頂く事ができる。(局所金融組織を除く)

 

査定承認が得られずおローンできなかった事例は頂きません。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

モゲチェックプラザ 口コミ

 モゲチェックプラザ 口コミ

 

モゲチェックプラザが評判で口コミの体感とは

 

モゲチェックプラザを使って3ケ月後に明確と差異がわかる!

 

モゲチェックプラザを実のところに3ケ月使ってみた人の感想はまったく違っているようです。

 

実のところにモゲチェックプラザを使ってみた感覚や改善点などを検証しておきましょう。

 

なお、良い中身だけではなく、悪評や辛口の中身なども充分に整理てあります。

 

使ってみて良かった着眼点などもかなりポイントになると考えますよ。

 

モゲチェックプラザでは最先端の評判を見てみると……

 

モゲチェック・プラザの評判

 

まさかの0.4%台でクレジットを契約不動産法人にすすめられた貸付金の利息が高いと考え、

 

モゲチェック・プラザに話し合いしました。

 

すると、まさかの0.4%台で貸付金を契約でき、その上ショッピング財源の決済の1ヶ月前でしたが、

 

間に合う事ができました。

 

39歳 女子 企業員

 

御社に話し合いし住宅ローンを借りる事ができました

 

工務店で物件購買を吟味したため提携クレジットが無く、自営業という事もあり借りられるのか

 

心もとないでしたが、御社に話し合いし住宅ローンを借りる事ができました。

 

今後も、利息上昇時に話し合い支障がなければと思っています。

 

41歳 男性 自営業

 

モゲチェックプラザを評判の中身で対比すると

 

モゲチェックプラザを他のアイテムと比較してみると、その異なる点が明確に分かると考えます。

 

評判では分からなかった点も対比してみると一目瞭然です。

 

特にヤフーやAmazonや費用コムとの対比など最上見過ごせないところではないでしょうか?

 

インターネット上の無料ブログサービスやお試しの感想講評などは必見です!

 

モゲチェックプラザの評判で最も多々あると言われる値段の口コミ

 

モゲチェックプラザの良さを事前に知っているのであれば、最後に気に掛かるのは

 

費用ではないでしょうか。

 

実のところに使ってみて如何にだったのか、使用感や得心度など代金に見合っているのかなど。

 

その値段で得心している人がいるのか調査してみた結果、

 

特に気に掛かるのは中高年よりもフレッシュな人の口コミが……。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

モゲチェックプラザ 住宅ローンの無料相談

 モゲチェックプラザ 住宅ローンの無料相談

 

モゲチェック・プラザは住宅ローンフリー話し合いサービス! 

 

その良い面は?

 

いつも暮らしをしていく中で諸々とお金がかかってしまう事は多々あるですよね。

 

その中でも3大経費といわれているのが、教育元金、ハウス財源、老後財源です。

 

そんな訳で採り上げるのは、低利息の現在が最大限のチャンスと言われている

 

住宅ローン借り換えについて一歩踏み出してみたいと考えます!

 

知らないままでは1000万円以上も損をしてしまう事がある住宅ローン。

 

そうならないためにも、フリー話し合いができるな「モゲチェック・プラザ」でおおかた

 

どこまで削減可能なのか体験してみました!

 

借り換えをフリー所見してくれる「モゲチェック・プラザ」とは?

 

「モゲチェック・プラザ」とは、専門家のアドバイザーによる本格的なフリー話し合いを受けられる位置です。

 

以前hintosでもご解説した「モゲチェック」を使っても、住宅ローンの借り換えで

 

どんだけリーズナブルになるのか参考にできますが、転職をしたばかりの方など、

 

イレギュラーな事例や、より各々の暮らし状況、生活計画に当てはめた忠告を

 

行ってくれるのが「モゲチェック・プラザ」のもち味です。

 

中には1000万円以上の借り換え良い面があるって本当?!

 

利率の高い頃合に固定利率で貸し出しを組んでいたため、変化利息に借り換えをおこなったところ、

 

驚いたことに1000万円以上の総返金額削減を実現した場合もあるそう。

 

金融会社出身のアドバイザーが、豊富な知見と膨大なデータによるに基づく

 

最先端の住宅ローン分析ツールを利用し、1人1人に最適なアイテムを選び出してトータルに

 

バックアップしてくれるから心配無用して実現可能な事なのだとか。

 

そのような結果を確かめるべく、コンサルティングお店の2号店で

 

本年2016年11月に開放したばかりの「モゲチェック・プラザ新宿」に伺いました。

 

専門家のアドバイザーに聞く、実のところの借り換え良いところは?

 

専門家のアドバイザーに話し合いしてみて、

 

実のところにどの程度借り換えの長所があるのか聞いてみました。

 

今度担当して頂いたのは、住宅ローン専門の金融アドバイザーである

 

「モーゲージスペシャリスト」の江口さんです。

 

初めに返金予定表を使った見立てを開始!!

 

償還予定表から現況の状況を検証し、借り換え構想の助言をしてもらえます。

 

コンサルティングに必要になる時間は1〜2時間ほど。

 

実のところに、モゲチェック・プラザを活用して住宅ローンを借り換えするケースには、

 

新たに住宅ローンを借りる銀行への事務手数料、成功支払手数料一律20万円などで

 

約100万円程度の諸総額が必要になるのですが、諸出費も含めた入金総額で助言をしてもらえます。

 

さらに、諸コストを住宅ローンに含めて借り入れる事ができるな場合も多々あるため、

 

自己元金0円で借り換え可能なところが秘訣です!

 

270万円以上の借り換え良いところの試算が!!

 

今度の試算では、全国の金融組織で出しているクレジットアイテムの中から、

 

より低利息の銀行へ借り換えを実施する事で、マックス276万円の良いところが出るとの試算が出てきました!

 

しかし、削減価格がトップ大きいアイテムが最適なのかと言うとそうではなく、

 

人によって要望など状況が違ってきます。

 

さらに、新たに住宅ローンを貸し出す銀行の査定も銀行毎に性質があるため、話し合い者の個人信用力

 

(収入や過去のローン履歴などをもとに決まる金を借りられる力)に応じて最適なアイテムを

 

選び出してくれるところに、エキスパートの業務を強く感じられます!!

 

どれほど良いところが出て、どんだけ初期出費がかかってしまうのかを考慮して

 

総合的に決断するのが、要点との事です!!

 

借り換え良いところがあれば、契約・前もってエントリーへ!!

 

貸付金エントリーの前もって査定には、教授結果の中からいくつかの銀行へ申請を実施する事も

 

多々あるそうです。

 

銀行の査定が通らない事もあるので、銀行の査定結果も踏まえて最終報告書が出され、

 

借り換え決行へと移っていきます。

 

いくつかの銀行への申請などは大変手間がかかってしまうのですが、アドバイザーがアフターケアしてくれますので、

 

心配無用して進めていく事ができます。

 

書類申込み手順から完済バックアップまですべてお任せ可能

 

役所などへ取りに行かなければならない書類などは、委任状を提示する事で、

 

アドバイザーが代わりに手配してくれます。

 

こういった申込み手順アフターケアも手数料に内蔵されているので心配無用です。

 

そして、手数料は、実のところに借り換え遂行されるまで生じてしないので

 

そこも心配無用できますね!

 

また、借り換えて終わりではなく、完済まで月次レポートが送られてくるため、

 

利息状況や新たな借り換えチャンスがあればちゃんととフォローしてもらえるのは心強いですね!

 

採り上げるの話を聞いてみて、住宅ローンを一番目に借りてデフォルト借りっぱなしになっていた事を反省しました。

 

1000を超えるアイテムの中から1つをピックアップするのは手を焼くですが、専門のアドバイザーに話し合いすれば、

 

よりベストなアイテムを選択の余地がある事は間違いないですね。

 

低利息な現在だからこそ、最初に話し合いしてみて、長所が出るかを見定めしてみる事をベストチョイスします!!

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

ページの上に

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

page top